3年ぶりの北の大地キャラバン 三日目 (2019-08-11)

キャラバン三日目は釧路湿原の展望台から開始しました。
釧路湿原にはいくつかの展望台があり、今回は昨夜宿泊したキャンプ場から一番近い北斗展望台園地を訪れました。
ここから広大な釧路湿原の眺望を楽しむことができました。

P_20190811_084939.jpg

展望台の後は、根室に移動してネイチャーウオッチングに参加してきました。

根室の手つかずの自然をガイドさんに案内してもらうツアーで、普段おとづれる事がないような場所に連れて行ってもらえます。
例えば根室に多く生息するタンチョウの住処をガイドさんは知っており、そこに連れて行ってもらえました。
なんとごく普通の街道沿いの湿地帯で、つがいでひなを育てているタンチョウを見ることができました。
道路わきのすぐそばで自然に子育てしていることに驚きました。

P_20190811_131002.jpg

また、野生のラッコも見ることができました。ちょっと遠くでスマホで撮った写真ではなんだかわからない感じですが、昆布に巻き付いて寝に入っているラッコの写真です。

P_20190811_171459.jpg

4時間の予定のコースでしたが、ガイドさんが良い人で5時間くらいかけていろいろ紹介してくださいました。

夕食はガイドさんおすすめのエスカロップを頂きました。

P_20190811_185745.jpg


明日は霧多布湿原辺りを散策しようと思います。





キャラバン三日目は釧路湿原の展望台から開始しました。
天気は快晴とは言えないまでもまずまずの回復具合です。

釧路湿原にはいくつかの展望台がありますが、今回は昨日泊まったキャンプ場から一番近くにある、北斗展望台園地を訪れました。

P_20190811_084939.jpg

見渡す限りの湿地帯でその広さに驚かされます。

釧路湿原の後は、根室でネイチャーウオッチングに参加してきました。ガイドさんが根室の自然の中で普段見れないような自然界の生き物などを紹介してくれました。

根室にはタンチョウがかなり生息しており、タンチョウによっては街道沿いの湿地帯をなわばりにしているつがいもおり、驚いたことに、そのつがいは道路から至近距離で暮らしていました。このような物は横を通りすぎる車からはわかるはずもなく、ガイドさん一緒でないと見れないものだと思います。

P_20190811_131002.jpg

また根室の海にはラッコが生息しており、今回はそんなラッコにも出会うとこが出来ました。
写真は遠くでよくわからない状態ですが、ラッコが海草を体に巻き付けて、睡眠モードに突入しているラッコの写真です。

P_20190811_171459.jpg

ガイドさんがいい人で4時間のガイドツアーの予定が、5時間近く根室のいろいろなところを案内してもらいました。
明日は霧多布湿原辺りをさまよおうかと思います。




にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村



にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村

この記事へのコメント